古代遺跡館・富山敬ファンサイト別館blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ファンの皆さまの思い出2

当時の富山さんがかいま見える情報を古代遺跡館の掲示板からピックアップしました。



◆キャンディ陽子会長 2009.10.3

  富山さんと仕事をご一緒にされた声優さん達の著書や
  メッセージのリンク先を教えて下さいました。

☆**゜池田秀一さん 『シャアへの鎮魂歌 わが青春の赤い彗星』(ワニブックス)
    「僕の大好きだった富山敬さん」

☆**゜鈴置洋孝さん 銀河英雄伝説 2001年DVD制作時インタビュー 
   「僕の本当に大好きな大先輩の富山敬さん!」
    http://www.ginei.jp/interview30.htm

☆**゜森功至さん マイコミジャーナル インタビュー
   「いつも穏やかでニコニコして、彼が怒った顔を見たことがないくらい
     本当に優しい先輩でした」
    http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/08/11/mori/002.html

☆**゜納谷悟朗さん 宇宙戦艦ヤマト DVD-BOXプロジェクト インタビュー
   「敬ちゃんはほんとにいい奴でした」
    http://www.dot-anime.com/tb/yamato/interviews/01_1.html



◆ MAYUKIさん 【東京DLで】 2008.10.22

先日久しぶりに東京DLに出かけてきました。
  以前行った時にも、そうだ、と思ったのですが、ト○ーン・タウンの中にある、
  ミート・ミッ○ーで、ミッ○ーに会う前に、「やあ、よく来たね!入っていいよ!」
  みたいな声がドア越しに掛かるんですが…あれは富山さんではないですか。

調べてみると、ト○ーン・タウンのオープンは96年の4月とのことで、
  単純に考えるとお亡くなりになった後のことになるので別人ということになるんですが…。

今まで3回しか聴いたことが無いですが、聞く度に心臓がバクバクいってしまうのです。
  ドア越しの設定のため、声も小さいしホンの一言なんで…ハッキリしないんですけど…

お出掛けの機会があれば、聴いてみてください。(判れば誰の声だか教えてください…)

☆**゜館長:もしかすると山寺さん??かもしれないですね。
     どなたか教えて下さるとありがたいです。



◆Yukipeさん 【中一コースのインタビュー&刑事コロンボ】 2008.8.12

富山さん「色々な役をやらせていただいて、どれも印象深いですが、
  1つ挙げるなら『タイガーマスク』ですね。物語の中で主人公の伊達直人が、
  自分を応援して歌を歌ってくれている子供たちの姿を物陰から見つめ、
  その純粋さに心打たれて涙を流しながら一緒に歌うシーンがあったんですが、
  実は収録の時に僕も本当に泣いてしまったんです。
  身も心も、直人に感情移入してしまっていたんですね」

当時読んでいて私もじーんとしました。
  割と小さい頃に歳の離れた兄と一緒にこの作品を観ていて、そのシーンには
  やはり感じるものがあってすごく印象に残っていたので・・・
  私にとっての“初富山さん作品”でもありますし。

『刑事コロンボ』には「完全捜査記録」というムック本があります。
「歌声の消えた海」のコーナーでは、富山さんはマジシャンの役で
  クレジットされています。
/~ これは、本物の38口径です。わたくしの助手のステラが・・・(以下、しばらく続く)
っていう声も、もちろんとても素敵です。・・・が!!(笑)

隣のページには、ヤマトのシルエットのイラストと共に
/~ ただいまより 訓練を行う!!
という吹き出しと共に、船内放送の声が【富山敬】
・・・まるで“あの艦(ふね)にいるみたい・・・ついでにマジシャンも。****

と書かれているので、ヤマトを知っているコロンボファンにとって、どちらの役の
  重要度が高いのか、どちらがよりツボにはまるのか、とてもよくわかりますね。

「コロンボの吹き替えで活躍する“ヤマトの諸君”」のコーナーでは、伊武さんの他
  納谷悟朗さん、富山さん、麻上洋子さん、永井一郎さん、佐々木功さん、小林修さん、
  阪脩さんがコロンボの吹き替えに参加している、と書かれてあったので、つい
  「・・・寺島幹夫さん(山崎機関長)と野沢那智さん(アルフォン少尉)も加えてよ」
  とツッコミそうになりました(笑)。



◆ Yukipeさん2008.9.7

今年の6月に映画評論家の水野晴郎さんが亡くなられた際、関連記事として
  出ていたものです。

  新プロダクション設立(バオバブ)にからんで旧所属事務所との間にしこりが
  残ってしまい、そのメンバーは一時、旧事務所と関係の深い製作会社の作品から
  締め出されるという事態に陥ってしまった中、富山さんは例外的に幾つか出演して
  おられたときいたことがあります。

『あさりちゃん』もそのひとつですから、そういう意味もあっての水野さんから
  富山さんへの“エール”だったのかもしれませんね。



◆とんぼさん 【 銀河英雄伝説ファン感謝イベントにて】2007.11.27

実は昨日(10/8)、銀河英雄伝説ファン感謝イベントに参加してまいりました!!
  そのときに、富山さんの話題が出ましたので、その部分をご紹介します。

主に、この銀河英雄伝説に携わった当時のことについて、お話がありました。
  その中でも、ヤン・ウェンリー役だった富山敬さんの話になると、会場内は一言も
  聞き漏らすまいとばかりにシーンと静まりかえっていました。

質問:今回このDVD-BOXに「ラインハルトとヤン」という1988年に
  発刊した小説がついてきます。さて富山さんとの共演はどうだったでしょうか?

堀川:(少し間をおいて)あの方は「自分の思うように自由にやっていいよ」という
  空気を持っていらっしゃる方でした。言葉ではなくて、俳優というのはどうあるべきか
  ということをいろいろ教えてもらいました。

中川:彼はヤン・ウェンリーそのものでした。人懐こくて、温かくて。
 (少し声を詰まらせてコメント)ヤン・ウェンリーが亡くなった後、
  すぐ・・・だったので・・・・

(会場、シーンとなる)

でも、最初はネズミ男だったんですけどね!! (会場、湧き上がる)



◆はるるんさん 【スマステーションで】2007.9.22

「大人が選ぶアニメヒーロー30」というのを放送していました。
  私は終わり頃しか見れず、トップ5しか見れなかったのですが、1位の発表が
  終わってスタジオの大きなスクリーンが映し出されると、なんと古代君と
  タイガーマスクが!!あ~なんでもっと早く見なかったのでしょう!(><)
富山さんの声、聞きたかったです。

さらに嬉しかったのが、映画「西遊記」のPRでゲストで登場したウッチャンが
  実写化したら演じたいアニメキャラクターにヤン・ウェンリーをあげたこと!



◆トレモロさん 【声優フェスティバル】2007.9.22

私も富山敬さんのファンで、過去に一度だけ、一瞬ですが(^^;お会いする機会が
  ありました。

もう随分昔になりますが25年程前、札幌で青二プロ主催の声優フェスティバルが
  開催され、当時北海道に住んでいた私は、友人を誘い観に行きました。

  イベントが終わったあとロビーで休憩していた数人の声優さんをファンが取り囲み、
  即席のサイン会に。声優さん達の中には富山さんもいらして、当時は古代君ファンが
  多かったと思いますが、私は緊張のなか色紙を差し出し、サインの下に伊達直人と
  書いてくださいとお願いしました。私はタイガーマスク・伊達直人の大ファンなのです!

私の名前(漢字)を尋ねられた時の声や物腰がとても穏やかで、温かい印象を今でも
  憶えています。

☆詳細

イベントの情報を知った時は「直人さんに...否、富山さんに会える!」と本当に
  興奮しました。行ってみると会場も大きなホールで豪華声優陣にファンも超満員。
  前の方の席ではなかったのでお目当ての富山さんの出番にも表情などよくわからず...
  でも寸劇やコント、歌など交えて楽しい構成だったと記憶しています。
  (あまりにも遠い昔で...ネットの情報をみて、ああそういえばそうだったと
  思い出したりして・苦笑)

情けないことにイベントそのものの記憶はぼんやりしていますが、終わった後のことは
  よく憶えていて、ファンの流れにのってロビーに行くと、三ツ矢雄二さんなど数名が
  いらして、富山さんも椅子に座っておられました。

  はじめはファンの要望に応え各方々サインされておりましたが、その後多くのファンが
  押し寄せたため、会場の人から指摘を受け程なく解散。
  サインを頂けた私はラッキーでした。



◆snowflakeさん 【昔の記憶を思い出しました】2007.9.22

このサイトを偶然に見つけました。
私が小学生の頃、富山敬さんの娘(絵麻[漢字合ってるかな])と同じクラスでした。
そして、家が隣同士だった事もあり一緒に遊んだりしたのを思い出しました。
富山敬さんから、あさりちゃん等の台本も何冊かもらいました。



◆いもむすめさん 【六法やぶれくん】2007.5.26

図書館に行きましたら、こんな本を見つけました。
  『テレビアニメ魂』(山崎敬之/著 講談社現代新書 2005)

  1969年4月28日から放送された『六法やぶれくん』の話が載ってました。
主人公を演じていた富山さんがポリープのため一時降板した時、その代役が
  当時無名の愛川欽也さんだったというエピソードが紹介されてました。
  あのキンキンにも富山さんの代役だった時代があったんだ・・・と。



◆じゃいらーんさん 【徹子の部屋】※追加&訂正情報 2007.5.26

ヤマトブームの頃、『徹子の部屋』で、声優のギャラの安いことの実例として、
  富山さんが確定申告にいって、あまりの申告の少なさに署員が驚いたという話を
  していませんでしたか?妙になまなましくて忘れられないのですが。

※このエピソードは声優の水島優さんが『徹子の部屋』に出演された際に、
  声優のギャラが安いことのたとえに出されたお話なんだそうです。

「あの宇宙戦艦ヤマトのブームの頃、主役の富山さんが確定申告にいったら署員に
  『これだけですか』と驚かれたそうです」と。



◆コロさん  【笑っていいとも】

当時、「笑っていいとも」の企画で、富山敬さんが突然登場されて「ヤマト!発進!!」
  と仰っていたのを思い出しました。タモリさんからお願いされて仰った名ゼリフです。
  私は心の準備が出来ていなくてびっくりした記憶があります。



◆そらまめさん  【お姿を拝見】

実はわたし、富山さんが亡くなる1年ほど前にお姿を拝見したことがありました。
  そこは「ハミングバード」というアニメのアテレコ現場。
  富山さんは、ロビーの片隅で静かに立っておられました。

「ああー、富山さんだぁ」と心の中で思いながら、声もおかけしなかったのですが、
  小さなお姿は脳裏にやきついています。
 
アニメ自体は大した作品じゃないけど(友だちがプロデューサーだったんです)
思わず見直してしまいました。やっぱりカッコイイ役の富山さんっていいなぁー。



◆真ライダーさん  【ひょうきん族のオープニング】

フジTVでやっていた「オレたちひょうきん族」のオープニングで、
  タイガーマスク(富山敬)、健太(野沢雅子)の会話がありましたぞ。

内容は、
タイガーファンの健太くんに、私がタイガーマスクだよと話しかけるが、
「ほんとにタイガーマスク? ○○の声をやったタイガーマスクと違うな」と
  疑う健太。「その声と違うぞ」と突っ込みます。
  (注・当時はタイガーマスクと言えば佐山タイガーの事位流行ってた)

敬タイガーは「そ、そんなことはないぞ」とちょっとうろたえる所が
  おもしろかったです。(自分が健太の知ってるタイガーだよ、みたいな説明を
  うろたえながらやったような)

鉄郎・メーテルもあったような記憶があります。他にはガッチャマンの5人かな、
  ジョー(ささきいさおさん)の「みんな俺がサイボーグだから…×××(覚えてない)」
  と言うセリフがありました。

スポンサーサイト
  1. 2012/03/01(木) 23:21:53|
  2. ファンの皆さまの思い出
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。