古代遺跡館・富山敬ファンサイト別館blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本のアニソン世界バージョン

グレンダイザーを検索していて見つけたのですが、日本のアニソンの世界各国バージョンを紹介してくださっているサイトです。
(このサイト、以前に掲示板で紹介してもらったかも?)

ヤマトも999もガンダムもヤッターマンもありますが、肝心のグレンダイザーはありませんでした・・・。

不可思議音楽へ



Wiki 『グレンダイザー』より。

1978年『Goldorak(ゴルドラック)』と改題されてフランスのテレビ局で放送された際には、驚異的視聴率を記録した。正確には平均視聴率75%、最高視聴率100%。世代別の集計であること、チャンネルが3つしかなかったこと、裏番組との兼ね合い、等の条件が重なった結果だが、凄まじい人気を誇る作品だったことには間違いない。


Wikiグレンダイザー 海外での評価

というわけでフランスは今でも世界一、日本のアニメやマンガを受け入れてます。
古くは浮世絵もそうですが、最近では北野武監督がコマンドゥールを授与されましたよね。
なぜに日本の文化に理解があるのでしょう???

仏語の翻訳をしている知人がいるのですが、フランスからのアニメファン旅行客を「中野まんだらけ→温泉旅館」というコースで毎回案内しています。
これ、一銭ももらわずに完全に趣味でやってます。
私にも「フランス語サイトを作ってはどうかしら?」 と提案してくれました。

フ、フランス語?!!
私は英会話をマスターしたいと思いながらも、死ぬまでに生かせる機会があるかどうか分からない超マイナーなウイグル語とドイツ語に手を付けてしまっているのに、その上マイナーなフランス語を?!

ウイグル語は大好きな壁画のそばにマンションを借りようと思っていたから。
ドイツ語は銀英伝の影響も大ですが、俳優トーマス・クレッチマンにファンレターを出してみたいと思ったのがきっかけで。
館長のブログに書きましたが、きょうだいで趣味バカ一代炸裂って感じですね・・・。
この際だから、グレンダイザーファンと交流するためにNHKフランス語講座を始めてみます。



スポンサーサイト
  1. 2010/03/19(金) 03:17:33|
  2. 富山さん出演作品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。